平成・キャンディーズ!!!

大好きなブライス&ダル&イスル  恋と友情の“ぞっこん❤”シリーズ連載中♪ 

  ぞっこんに新入り 紅蓮(グレン)が登場~


  お話し続いています。。。







   ”学園内”












14687869_2230492810_143large[1]







































14687869_2230492808_16large[1]








































14687869_2230492807_38large[1]








































14687869_2230492805_170large[1]

















































14687869_2230493643_34large[1]







































14687869_2230492803_173large[1]




































14687869_2230492801_176large[1]






































14687869_2230492800_64large[1]







































14687869_2230492799_128large[1]












































14687869_2230492798_100large[1]







































14687869_2230492797_24large[1]







































14687869_2230492795_103large[1]









































14687869_2230492794_160large[1]











































14687869_2230492793_51large[1]














































14687869_2230492791_51large[1]






 幼馴染の 真生とハル
  
  きっと 誰よりも
  互いの理解者


 気が付けば ずっと一緒で

 当然のように 傍にいて
 当然のように 守って

 当たり前に 強い。と
 信じて疑わない

 たぶん
 真生は”支える側の人間”

 だけど けれども 忘れないで
 絶対 決して   忘れないで

 真生だって同じ
 真生だって一緒

 痛みを感じない わけはない
 傷つかない   わけはない

 僕たちと 同じ
 だって だって 

 生きてるんだから・・・















  *出演 ハル・紅蓮











にほんブログ村 コレクションブログ プーリップ・テヤン・ダルへ
にほんブログ村

永遠のZOKKON




にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村




    







  3つのランキングに参加しています。ポチッとして下さると嬉しいです。

   拍手はとっても励みになります~ありがとうです
スポンサーサイト
コメント

真生君だって傷ついたり痛みを感じたり、ってことたくさんあっただろうね~。
そういう経験をたくさん積んで、強くなったのかな。

でもきっと真生君が傷ついてるときは、ハル君がさりげなく真生君のそばにいるような気がする。

2016/11/08(火) 08:23:02 | URL | rei #- [ 編集 ]
reiちゃんへ。

そうだよね そうだと思う。
ハルが思うように 真生だって思う。

傍にいてくれることが どれほど心強かったか。

そんな長い年月が真生&ハルの絆を深めていたんだろうなあ・・・・
2016/11/08(火) 10:41:34 | URL | ◎yuko◎ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://syumiasobi.blog56.fc2.com/tb.php/1850-bdc21548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック